ストレスでカチカチになる脹ら脛

ブレインセラピー*脳*ホルモンとあれこれ♡
04 /22 2018
ストレスが胃や腸にくるのは知られてると思いますが
脹ら脛にも影響を及ぼします。

自律神経は、びっくりすると心臓がドキドキするなど
わたしたちの意思ではコントロールできないところで
働く神経。
内蔵全体に分布していて、分泌・循環・発汗・呼吸器などに
関わっています。
わたしたちのカラダをつくる60兆個すべての働きを
調整しているのです(๑°⌓°๑)
交感神経と副交感神経系が、シーソーのようにバランスを
とって働き体を安定した状態に保っています。
悩みごとやストレス、睡眠不足が続くとその影響は
自律神経に及び、交感神経だけが優位に(@@;)
特に、女性は月経、妊娠、出産、更年期などの
リズムがあるため、自律神経とホルモンは深く
関わっています。
さて、ホルモンと脹ら脛の関係ですが…
ホルモンは体内に100種類以上存在し、身体の様々な
機能を調整するために、微量で働く物質。
カラダが水分不足のとき。。。
血圧を維持させるホルモンや腎臓に働いて
尿を濃縮させ水分が逃げるのを防ぐホルモンが
分泌されます!!
ホルモンバランスが崩れるというのは、カラダが
水分不足なのに、のどの渇きを感じないといった不調💦
100種類のホルモンの働きが次から次へと狂い始めたら
身体の中はすごいことが起きてしまいます。
脹ら脛をていねいにもみほぐすことで
リラックスし、カラダが温まるので不眠が
改善されて、心が安定し、乱れた自律神経や
ホルモンバランスが少しずつ整っていきますʕ•̼͡•ʕ-̺͡•ʔ•̮͡•ʔ
脹ら脛は、第二の心臓といわれるくらい
血液を再び静脈、心臓へと戻すための大事な
道になっています。
お疲れでイライラしてきたら、脹ら脛マッサージして
あげるといいですよ🍀
4月は、下半身スッキリ脚のアロママッサージ55です。
関連記事

suzuki

女性ホルモン・PMS・更年期・楽しく前向きにいくつになっても女子パワーUPを追求するブログ(*´ω`*)。東川口のぷちエステサロンのsuzukiです。
施術歴14年(間4年ほどブランクありました)
バツイチ・アラフォー・2児(社会人と学生)の母・海や夕景が好き♡
サップボード始めたよ~ん(*´∀`*)