知覧特攻隊

☆Private2・わんこ・子(2)
03 /30 2018

前から一度訪れてみたかった場所。

鹿児島知覧町。

ここから未来ある青年が

愛する人のために、お国の為に、

もう二度と愛する人の元へは戻れないと

知りながら、、、

片道分の燃料だけを積み、

飛び立った場所。

会館には、たくさんの特攻隊員の遺品が。

軍服もズラリと並んでいて、

まるでそこに若者たちが、

立っているような気がした。

写真は、凛々しい顔や 子犬と戯れる一時の

笑顔、そのすぐ先には「死」がある

なんて思えないほどの、顔でした。

私は、先ほども書いたように

どの道に進んだらいいのか悩んで焦ってた

だけど

彼らには選択肢は

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

たった1つしかなかったんだな…と。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

不安や不満を押し殺し、生への未練を口にするこ

とも許されずに、旅立っていった

若者たち。

出撃する日、恋人にも会えず、会いたい…話したい…無性に…と

残し、散っていった婚約者。

お母さんへの遺書では、笑っていてください。と残してる。

1000人以上の青年たちの写真と遺書、

涙が止まらなかった。。。

そして、自分の今後も深く考えさせられた。自分がやるべきこと、感情よりもまずやらねばならないことが先だということ、

健康で生きてられる。 自分次第で、明日に希望がもてれる。 将来、幸せになるためにガンバれる環境がある

関連記事

suzuki

女性ホルモン・PMS・更年期・楽しく前向きにいくつになっても女子パワーUPを追求するブログ(*´ω`*)。東川口のぷちエステサロンのsuzukiです。
施術歴14年(間4年ほどブランクありました)
バツイチ・アラフォー・2児(社会人と学生)の母・海や夕景が好き♡
サップボード始めたよ~ん(*´∀`*)