交通事故なとでセロトニンが不足すると社会適応障害に?

ブレインセラピー*脳*ホルモンとあれこれ♡
08 /28 2017

セロトニン分泌は、腸内環境と深く関連のお話しから

お次は、脳とセロトニンの関係を…。

セロトニン不足になると、脳の前頭葉の働きが鈍くなります。

前頭葉の働きが鈍くなると、やる気が起きなくなったり

気分の浮き沈みも激しくなったり、意欲や自発性、理性のコントロールがきかないため、依存症にもなりやすかったり。。。

引用

セロトニン不足により、前頭前野のはたらきが低下すると、計画を立てたり考えたり、それらをもとに行動したりという能力が低下。

また、社会性が低下したり、理性を保てず衝動的な行動が多くなることもあります。

実際、交通事故などで前頭前野に

障害を受けると意欲や自発性が低下し

社会的適応力が低くなり

衝動的な行動が増えることが

知られています。

•*¨*•.¸¸☆*・゚✡*。゚✧*。*•.❥﹢◊*゚•*¨*•.¸¸♪

交通事故で前頭前野に障害を受けると

社会適応に弊害が……そんな関係があるんですね。

メンタル面だけでは、ないってことですね!!

•*¨*•.¸¸☆*・゚✡*。゚✧*。*•.❥﹢◊*゚•*¨*•.¸¸♪

また、統合失調症の患者さんに昔に行われていた治療法として、前頭葉を切除するというロボトミーという手術が行われていた時代がありました。ロボトミーによって前頭葉を切除すると意欲や自発性が低下し、興奮状態にあった統合失調症の患者さんがおとなしくなります。当初はこれを「統合失調症が改善した」と判断されていましたが、これも前頭葉の切除によって自発性や意欲の低下をさせていたのだと考えられます。

•*¨*•.¸¸☆*・゚✡*。゚✧*。*•.❥﹢◊*゚•*¨*•.¸¸♪

とても奥が深いですね。人間の脳やホルモン分泌の関連性って。

精神的ストレスから社会不適障になったわけではなく!

交通事故や前頭葉前野の障害により、意欲がなくなり

感情コントロールがうまくいかなくなり、社会不適合にも

なるってことですね💦

精神科医って、なんでも精神障害に仕立ててしまう癖が

ありますが、こういうことも視野に入れて

診断して貰いたいもの😭

関連記事

suzuki

女性ホルモン・PMS・更年期・楽しく前向きにいくつになっても女子パワーUPを追求するブログ(*´ω`*)。東川口のぷちエステサロンのsuzukiです。
施術歴14年(間4年ほどブランクありました)
バツイチ・アラフォー・2児(社会人と学生)の母・海や夕景が好き♡
サップボード始めたよ~ん(*´∀`*)