セロトニンは、腸内環境と関係する

ブレインセラピー*脳*ホルモンとあれこれ♡
08 /28 2017

よく耳にする幸せホルモン、セロトニン!

気持ちに関連されるホルモンで、

躁鬱病やすぐキレる人、パニック障害などは

セロトニンが少ないため、セロトニンに作用する薬が処方されます。

眠気ホルモンの、メラトニンとは深く関連しており、

メラトニンとの連動によりセロトニンは分泌され

また、セロトニン分泌によりメラトニンも分泌されています

セロトニンは、主に脳から分泌されるのではなく!

主に腸から分泌されます。脳は2%ほど。

なので、鬱病や自律神経失調症、パニック障害などなど

精神的病をもってる人は、腸内環境が悪いことが多いデス。

精神的に疲れると、直ぐにお腹の調子が悪くなる=セロトニンが

不足する…そんな関係があるんですね★

実はわたしも、以前 腸の調子が悪いときが続きました。

点滴しないと、辛い日常でした。

同時に、そのときって精神的にいろいろあるときなんですよね💦

確かに過去を振り返ると、ほんと連動してるのが

理解できます(^^;)

腸内環境は、お肌やメンタル面にも関わる大切な器官です★

お客様のオイルマッサージをしてるとね、

ぐるぐるお腹が鳴り出す人が結構います💙

それは、筋肉が緩みリラックスされて血管が拡張している

証。緊張状態の腸も緩んできて、収縮運動を始める。

だからぐるぐると鳴るんです💞

逆に緊張状態のときも鳴ります!(笑)

試験中や大切な話し合いなのに、いきなりぐるぐる鳴り出して

恥ずかしいということありますよね。

あれは、やはり精神的な圧力から腸も血管も緊張状態になり

腸はガスが溜まりやくなったりするから。

過敏性腸症候群というストレスによって

下痢や腹痛が生じる症状。

この治療薬にも、セロトニン受容体をブロックする作用を持つものがあるんですって!

これは、セロトニンのはたらきを逆に

ブロックする事で腸の動きを穏やかにし、

下痢や腹痛を改善させる事が狙いみたいです。

セロトニンと腸内は密接な関係なので

乳酸菌などを積極的に摂ることも大切ですね✊

腸内とセロトニンの関係を書いたけれど

もちろん、からもセロトニン分泌はされてます。割合は、腸に比べてとても少ないですが、

脳からのセロトニン分泌の働きは、量は少なくても、その働きは大きいです。

脳の前頭前野は、

  • 思考
  • 認知
  • 創造
  • 計画
  • 行動
  • 社会性

などの高次機能を司っている部位。

人間らしさ はこの前頭前野の

はたらきによってつくられると言われてます。

他の動物と異なり、複雑な事を計画したり

考えたり、理性を持って社会的活動が

出来るのは、この前頭葉のおかげなのです。

セロトニン神経は前頭前野で情報伝達を行っているため、セロトニンの量が減ると前頭前野のはたらきが悪くなるという事が考えられます。

関連記事

コメント

非公開コメント

suzuki

女性ホルモン・PMS・更年期・楽しく前向きにいくつになっても女子パワーUPを追求するブログ(*´ω`*)。東川口のぷちエステサロンのsuzukiです。
施術歴14年(間4年ほどブランクありました)
バツイチ・アラフォー・2児(社会人と学生)の母・海や夕景が好き♡
サップボード始めたよ~ん(*´∀`*)