FC2ブログ

40代以降はストレスをためない!

ブレインセラピー*脳*ホルモンとあれこれ♡
03 /12 2018

🌼眠りをきちんと整える。朝は太陽を浴びてセロトニンを分泌!


🌼辛いことは誰かに話す。40代以降は、家事も仕事も子育ても

、そして親の介護も加わり、悩みが多くなります。

女性は、人に話すことで気持ちが軽くので、話をきいてもらうことを

躊躇わずに♡ですね

ブログや愚痴が話せるSNSに吐き出すのもいいかもっ(๑•̀ㅁ•́๑)✧


辛いことが続くと、健康に支障きたします(*_*;

更年期障害➕悪化した自律神経失調症になり⇛鬱病に

なることもあるので、

精神的に悪い影響のあるものは、捨てることが大切だなと

感じるようになりました。

気持ちの切り替え!大切😘



🌼不調を感じたらやすむ。無理に頑張るとカラダもこころも

バランスを崩すことに。

自分を労ることが大切な年代に。


🌼食事に気をつけてる。出来合いのものや外食、お菓子

は極力🆖、大豆を含む食べ物を積極的に摂ろう🍅

コレステロールを調整するエストロゲンが減少するので

要注意です!


閉経後は特に、動脈硬化につながる可能性もあります。


🌼筋肉をつける運動が好ましい( •̀ .̫ •́ )✧

30代から基礎代謝はドンドン落ちていき、40代になると

基礎代謝は、30%以上減少します。そして体温も下がります。

下がることで、更に、基礎代謝は下がります。

食事制限したくらいでは体重は減りません( ;∀;)

肩や首のコリがひどくなりやすい、重みのある鈍痛な頭痛が

出やすくなるので、運動を取り入れやう!


201803120052464ec.jpg

⇑旧Verte


🌼アロマテラピーを取り入れる♡

クラリセージは女性ホルモンと似た働きがあります。

またサンダルウッドは、自律神経のアンバランスを

整える効果があることで有名ですね。





女子ホルモンセラピーエステlien







更年期と自律神経

ブレインセラピー*脳*ホルモンとあれこれ♡
03 /12 2018
女性には卵胞ホルモンエストロゲン
黄体ホルモンプロゲステロンという

ホルモンがあり、このふたつのホルモンは

妊娠・出産に関わるホルモン!



そして、40歳を堺に急降下でエストロゲンという

卵胞ホルモンは、減っていきます。





そして、45歳~急激に減少し、

その後、閉経前後の5年ほどに様々な不調

感じるようになります。これが、更年期障害です(*_*;






今まで、この卵胞ホルモンエストロゲンが
分泌されてきたから、わたしたちは

妊娠ができ、女性らしい丸みを帯びたカラダがつくれ、

お肌や髪にハリ艶がもて、

脂肪を溜め込まないように、

コレステロールを調整してくてました!

また 自律神経もバランスが保たれていました。





ところが、45歳を過ぎて、52歳くらいまでの

間に、エストロゲンが減少していくと、

これらの健康に支障をきたすようになるのです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。






ホットフラッシュ…突然熱くなり発汗する

動悸、めまい、疲労感、耳鳴り、肥満

イライラ、攻撃的になる、情緒不安定、

骨が脆くなる、などカラダや精神に不調を

きたすようになります(੭ु ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )੭ु⁾⁾



酷くなると、うつ病になります。

もともと、うつ病や精神的な病を持って

いると、悪化することもあるので、



45歳を過ぎたら、なるたけ心を緩めリラックス

して過ごすようにしたいですね。

趣味をつくる、楽しい仲間と過ごす、など

脳がハッピーになれることをすると

乗り越えられるそうですねv(^-^)v





suzuki

女性ホルモン・PMS・更年期・楽しく前向きにいくつになっても女子パワーUPを追求するブログ(*´ω`*)。東川口のぷちエステサロンのsuzukiです。
施術歴14年(間4年ほどブランクありました)
バツイチ・アラフォー・2児(社会人と学生)の母・海や夕景が好き♡
サップボード始めたよ~ん(*´∀`*)